正直な船やさん
今日も留守電にボートやさんの電話番号があった。
なんだろう?
電話を掛けてみると、
トレーラー用にもうすこし頑丈に船を改めて造らせてもらえないかという提案だった。
5kgほど船体は重くなるそうなのだけど。
まぁ、でも車でかなりの距離釣り場まで引っ張っていく衝撃を考えると
ありがたい申し出だった。
今できていて私の元に届くはずだった船は、他のお客さんの元へ行くことに・・・
どーしても年内に乗りたいというお客さんがあるらしく、
土曜出勤しても船を造るのだとか。。。

もしかして、渡りに船・・・?
うっふっふ。

なんか、正直な船やさんで安心した感じ。
ええやん。
渡りに船でも。
だって、船やさんだしね。


「特別仕様」楽しみに待つことにした。
[PR]
by ikaoba | 2004-12-03 23:46 | 釣り(話)
<< 水没目前 思わぬ誤算 >>