水没目前
昨日は、天気予報では午後から雨、波はさほど強くなく南よりの風ということだったので
こんどこそ今年最後、と釣行した。
海が見える。
「あれ~?ウネリあるみたい・・・。」
「なんか風も強くなってきた~」

不安な気持ちをおしてボートを出した。
しばらくは浅場におとなしくしていたが、
20分間ほどだろうか、波風が静かになった。
「最後のチャンス、(磯の)灯台まで行こっか。」
ちょっと欲が出てしまった。

多少波気のある海をゆっくりめに進む。
ちょっと揺れるけど、行けそうな感じ。
灯台は目前、もうあとちょっと。

そう思った瞬間。主人の声・・・
「あかん!停まって!これ以上行けへん、沈むわ!!!」
「へ?なんで?そんな波強くないよ・・・?」
でも足元を見ると確かに深さ30cmほどしかないボートに20cmぐらい水が入っている。

やばい!

強い波じゃなくても、私の乗っているポータボートは前部にデッキ(カバー)がなく、
しかも折り目の合わさるあたりはボートの縁が半円形にカットされている。
そこからまるでスコップで掬うみたいに波を掬ってしまったのだ。
(私からは道具類でそれが見えていなかった。)

「ちょっと動かんといて・・・、水かい出すから。早よせな沈没する。。。」
たまたま積んでいた水汲みバケツで主人が水をかい出してくれた。
ある程度水を減らし、陸へ近づく。
もう湾を横切っては帰れない。
磯際をゆっくりと逃げ帰った。

教訓。
海をナメてたらあかん。
用心しすぎぐらいで丁度いいのかも知れない。

b0050839_10321168.jpg

忘れられない一日になった。。。
[PR]
by ikaoba | 2004-12-05 10:34 | 釣行
<< イブ 正直な船やさん >>