400キロのドライブ
もう10年近く前になるかもしれない。
まだエギングはしていなくて、
とにかくアオリを釣りたくて泳がせ釣りをしていたころ。
お盆のお墓参りの帰りに、
帰るのとは逆方向に走って行って
何気に入った、とあるエサ屋さんで教えてもらった釣り場。

その時はお盆で夏だったけど、周りにいる常連さんを差し置いて
私の泳がせているアジに大きなアオリが抱き付いた!
なのに、うまくタモ入れ出来ずバラしてしまった苦い記憶がある。
b0050839_23521782.jpg

何年越しかのリベンジを夢見て、いざドライブに出発・・・

(ドライブと言っている時点でもうすでにダメダメモード)

道中、高速が開通したり、長いトンネルができていたりで
思っていたよりずっと楽に目的地に着いた。

今日も(当時と同じ人かは謎だけど)常連さんはしっかり釣り座を確保。
すでに竿を出している状態。
私もちょっと遠くの角が空いていたので釣り座だけ確保。

水面を見てみると青く透明で綺麗。
いつも見る藍色とは違う明るい緑がかった青。
いかにも南国の海って感じ。

「どうですか~?」

(首を横に振る)

「全然?誰もですか?」

「全然やな。あかんわ、今日は。」

あかんのか・・・アジでダメやったらエギは余計アカンやろな・・・

思った通りダメみたい。
ただ、水面近くでステイさせていると、周囲50cmぐらいに5,6匹のチビが様子見にくる。
決してそれ以上は近づかないんだけど。

目の前に筏のロープがあるので時々吹く突風でエギをロスト。
場所をかわることにして筏の見える神社前まで移動。

ちょっと前までグレ釣り?か何かしている人が居て、マキエがされている。
まともに風が当たるけど、すごーく釣れそうな、いい感じのカケアガリが見える。
筏も良い配置かな。

でも、しかし。

全くアタリもない。
だんだん日が暮れて神社の木々が凄い音になってくるし、
風も強くなってくるし。
体も冷えてくるし。
早い話、あるはずのない何か?にビビって怖気づいてしまって。

「あかん。釣れる気がせーへん!!」

独り言いいながら元の釣り座へ戻る。

泳がせの人に聞いてみたけど、やっぱりアタリもないみたい。
いつまでもアジも元気なままらしい。

もう2,3投だけ投げてみよう。
と思ったけど、風を味方につけられず、立ち入り禁止の桟橋にエギを落とす始末。
そそくさと回収して、

「撤収!」

結局、紀伊半島遠征は、本当にドライブに終わりました。
やっぱり私には陸っぱりは無理みたい。。。

ボート出したい気持ちがなお一層強くなったのでした。
[PR]
by ikaoba | 2012-11-24 23:54 | 釣行
<< 2連荘 艤装もどき >>