さらに再調整
つい先週、トレーラの調整を済ませたばかりだけど、
揚げ降ろしのことしか考えてなくて、
運搬時のボート破損について指摘を受けました。

こりゃ大変!

あまり高速道路を使わず、一般国道~山道を走ることが多い私にとって、
振動で跳ねたりしたときに、力のかかる場所が悪くてボートが割れる可能性
を指摘されると、やっぱりそのままにしておけなくて・・・

再調整をお願いしました。

キールローラーは、運搬時もキールを受けるように、
b0050839_1222692.jpg

そしてセンターにももう一つローラーを追加して、そちらでもキールのセンターを受けるように。
b0050839_1225652.jpg

そしてその状態でバウのウインチのベルトで引っ張ると、
リアのローラーと、その両側のバンク(滑るレール)と、センターのローラーで
ボートの重量を受ける形になり、ボートはキールが一番強く作ってあるので
それが良いとのこと。
Yさんも先週気になっていたようで、

「やっぱりっっ!」

と言われてました。

半日足らずで速攻作業してくださったYESさんに感謝!!
どうもありがとうございました~♪
[PR]
by ikaoba | 2013-07-16 01:27 | 釣り(話)
<< 大阪 トレーラーの改良 >>