イカはお留守かかくれんぼか?
昨日、釣りトモAさんと、久しぶりにホームへ釣行。

天気も予報より多少良くなり、
朝のうち雨がパラついたものの、波風もおだやか。
久しぶりなので爆超出来るかと期待していたのに、朝一からアタリすらほとんどなくて
粘りに粘って苦し紛れに1パイやっとゲット。
サイズも大したことありません。食べごろサイズ。

見切りをつけて魚狙いと、外も静かなので沖へ出ると、あちこちでナブラが立ち、
あぁイカが釣れないのもこのせいだったのかと・・・

でも今まで、ナブラ打ちで正味釣りあげたことはなかったので、
ソレはソレでテンションUP!!

今回はメタルジグを放り込むとガッツリ喰ってくれてはじめてのプチジギングを楽しめました(笑)
なかでも背中にスレ掛かりしたものは何度も竿先が引きずり込まれて、
もしかして違うものじゃないかとワクワクして、でも上がってくると同じサイズのサゴシで
贅沢なことに少々ガッカリ・・・
あまり大量に釣りあげてもあとが困るので、自宅消費出来そうな5本で終了。

この日は水面を泳いでいるワタリガニにも何匹も出会い、簡単に掬えるものの、
小さいのばかりなのでリリース。

沖のグリの斜面部分で懲りもせずまたエギを落としてみるものの、ここでも当たりすらなく、
エギ1本タイラバ3セット、何のアタリもなくフッとロストしてしまってテンション下がり、、、
これもサゴシの仕業かも

湾内に戻り再挑戦(エギング)するもののアタリなく、それ以上気力もなくして終了。
b0050839_27541.jpg

先日大渋滞に巻き込まれた道路を通って帰りたくなくて、
進入禁止のバリケードがなくなっていたいつもの道路を通ってみたら、
片側通行だけど通行止めは解除されてていて一安心。
それでもまだあちこち応急処置や泥だらけの箇所があり、
台風18号から半月以上経つのに復旧はまだまだの感がぬぐえない。

しかも、ホーム浜の奥の土砂崩れのせいで、いまだに住民のかたは孤立に近い状態。
小規模な連絡船の出入りが数多くあって、不便さを目の当たりに・・・
突貫工事の道路敷設、早く開通することを願うばかりです。
[PR]
by ikaoba | 2013-10-07 02:05 | 釣行
<< 波と風とフグに泣かされました。 陸っぱりエギングは超~ムズカシイ!! >>