疲れた~
土曜日、前日が前夜勤で寝不足の主人を言いくるめてまたまた若狭へ釣行。
いつもの砂浜へ。
いつもの時間帯で。

13時出船、真っ先に磯の灯台の外側へ行く。
出てすぐ、なんだか全開なのに滑走しないことに気づく。
あー!
トランサムのドーリー、降ろしたままだ!
あわててタイヤを引き上げる。なんとか異常なしだ。よかった・・・
しばらく行くと、今度はガス欠・・・
キャビったかな?と思うと一気にストンと落ちてしまい焦るが、
船外機が頭上タンクで容量が少なく、もしやと思ってあけると、やっぱりそうだった。
予備燃料を補給して、再出発!

灯台は、思いの外静かだった。
イカ獲りカゴも多くはないが入っている。
そこそこ藻もある。
いい感じ、かなぁ~?

でもアタリはない。
もうちょっと磯際を移動してみるが、やっぱりアタリはない。
今日は磯釣り師もいない。
潮は悪くないと思うんだけどな・・・

今度は灯台の内側へ移動。
なんと一面の藻!
すごい藻場になっている。
秋は外側がポイントだったけど、春は内側なのかな。
イカ獲りカゴも多い。
だけど、根掛かりが怖くてなかなか思い切って投げられない。
(「投げられない」ではアカンよな~、根性なしxxx)

結局、釣果なし。

一旦戻り、今度は子供たちを乗せてキス釣りへ向かう。
前回良型が出たイカダ周りのポイントへ。
子供はキス仕掛け、私は餌木を投げる。
でも、どちらも当たらない。
ベラが少々・・・だけ。
仕方ないので、場所を変える。
もうちょっと夏がいいかも、なポイント。

投げてすぐ当たる。20cmぐらいかな。
おぉっと、いい感じかな?
また当たる。
あぁ~、でもピンギスだ・・・リリースかどうか悩むぐらいの。
ま、数のうち。入れとこう。

ところがところが、あとがサッパリ。
潮が変わったのか、クラゲがどんどん増え、投げるところもないぐらいに・・・
しかもどこからか切れ藻がたくさん流れてくる。
これでは釣りどころではない。
クラゲの触手のせいで糸やアンカーロープを上げると手がピリピリする。

根性なく、仕舞うことにした。

今日はさんざんだった。
アオリもダメ。キスもダメ。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」

はぁ~。
深いタメイキ。
[PR]
by ikaoba | 2005-05-22 23:31 | 釣行
<< 創立記念日 うずうず >>