2週間ぶり
2週間ぶりに若狭へ向かう。
途中通る湖の水路は鏡面の凪だ。いい感じ。。。
そしてホームの小川漁港へ到着。
今日は迷うことなくスロープから出船。迷わなかった分、前回より1時間早い出船。(笑)

まずはこないだの水泳場奥へ・・・
今日は水がキレイに澄んでいる。
天気予報は良くなかったけど、波も風もなくそこそこの釣り日和だ。
4,5投してみるがアタリなし。

なんか信じられへんぐらいスレてるんやろか?

なんとなく不安な気持ちで続ける。
潮はゆっくりと沖へ向かってるみたい。
悪くなさそうなんだけどな~。

そして待望のアタリ!
アタリだすとパタパタと当たって、またスッとアタリが遠のく。
だけど、前回よりもアタる周期がだいぶ短い感じだ。

9時回ったころ、水中がもわ~んと、水と砂糖水を混ぜたみたいに(?)なる。

なんだろ。
もしかして湧水?

気持ち悪いので場所変わってみよう、で。
昨秋いい思いをした磯の灯台へ行ってみることに・・・

ところが。
潮の流れが全然ちがう!
速い速い!
いつだったか神戸の海釣り公園へ行ったときみたいな、川さながらの流れ!
そういえば灯台に釣り人は渡っていないし、ほかのボートも周りにはいない。
エギが沈まない状態で続けるのもなんだかなぁ~。

定置網をかわして灯台の内側へはいる。
たしかここは大きな藻場。
1投目から乗せて、主人はご機嫌な様子。
ポツポツと、上がるが、ここのはちょっと小さいかなぁ~?!

だんだんとアタリも遠のいて潮が速くなってくる。
表面は向こう向きの流れ、底の方はこちら向きの流れ。
糸はかなり出てるのにエギはすぐ下に見える。
なんか変~。

そのまま春ポイントへ移動。

今日は潮が明るい緑色をしている。
岩とか藻とか、何かある場所は茶色く透けて見えるので、
なんだかわかりやすい感じ。
ここでもパタパタ当たってしばらくシーンとするリズムで釣れている。

「もしかしていちばんいい時期かもしれへんね。」

お昼近くなり、磯の向こうになにやら黒い雲が・・・
b0050839_0305287.jpg

少し風も出てきている。

「ちょっと場所変わろ。」

で、水泳場沖へ移動することにしたのだが、
ここの漁港で一番水深のあるあたりでなんだかエンジン不調!

「あ、キャビってる!ガス欠かも!」

ゴチャゴチャ言ってる間にエンスト!
急いで予備燃料給油開始・・・
でもそのあいだに風で流され、イケスの間近に!!
「ひゃぁ~!当たるぅ~!」
こんな時に限って、すぐエンジンかからへんし・・・
(イケスに来られていた漁師さん、びっくりさせてごめんなさい!!)

なんとかぶつかる寸前で脱出。

だけど、さっきよりももっと風は強くなってるし、海の色もどす黒い・・・
ポイントに着いて、さぁアンカリング!
というときになって、白兎さんが飛び始めた。

「やっぱり、もう上がろう!あかんわ、きっと。」

ここでの決断が早くてよかったのだと思う。きっと。
スロープに戻るころには
だんだん舵が効かないぐらいの突風になり、
他のボートたちも次々と沖上がりしてきていた。

主人にドーリーを取りに行ってもらってる間にも流され、
スロープにまっすぐ上がれなかったためにキールを擦る・・・
あ~xxx

大急ぎで仕舞い作業して、車に乗り込む頃には大粒の雨。

「いっつもギリギリのタイミングやね~」

ちょっと早いけど12時半、ホームの小川漁港を出発。

ばたばたしていて釣果写真取り損ねました。
前回ショボイ釣果だったからと、
今回は小さいトロ箱しか持ってこなかったら、予想外の大漁でイカはぎゅうぎゅう詰め。
家に帰る頃にはなんだか真っ白になって硬くなってしまった。(残念)
b0050839_0511912.jpg
キレイに持って帰れたら、もっとよかったのにな~。

(そんな爆釣することって、きっともうないよ・・・って聞こえる。(笑))
[PR]
by ikaoba | 2005-09-12 00:54 | 釣行
<< 鯛釣り ジャックナイフ >>