今シーズン最終釣行
じつはこの春、私は未だにアオリ坊主のままだ。
悔しくて仕方ないので、最後のチャンスかもしれないということで
大潮で午前中が上げ潮になるこの日、
釣行することにした。

土曜日、朝3時起床。
身支度を済ませて3時半にいつもの漁港に向かって出発!
途中、コンビニとエサ屋へ寄る。

エギ使いの私がなんでエサ屋へ??

~じつは保険だったりする。
もしかしてイカの気配がなかったら、キス釣りに変更しようかな、との魂胆で。。。

ともあれ、現地に到着し出航準備しているうちに6時を回る。
ちょっと遅めの出船。
とりあえず実績ポイントへ向かう。

ちょっと濁っているかな?
先週より少し寒い。カッパ着ているのがちょうどいいあんばいだ。
風は無風か微風、北寄り。
潮は・・・流れが緩いかなぁ。でもなんとなく上げ潮加減。
天気は曇り。

「アタリ、ないなぁ。」
「もうおらへんのかなぁ?」
「でも3年ほど前、真夏でも上がったって聞いたことあるしなぁ~。」
「でもここんとこ釣れるのて6時頃すぎたらあかんやんかぁ・・・」

とぶつぶつ言っているうちに風向きが変わった。

「あ~西風や、またボートが回るやんか」と、思ったその時
主人が竿を曲げている。
逆噴射に合わせて竿がしなったり戻ったり。

上がってきたのは30cm弱の雌。
もしかして雄が付いてきているのじゃないかと思い、
すこし向こうに投げてみるが来ている気配はない。

結局単発でアタリが止まる。
今日は同行している下の子が退屈そうにしている。

「なぁ~?釣れへんの?疲れたわ~。」

私らでさえつまらんなぁと思っているのに
子どもがつまらなくないわけがない。
ここらで「保険」の出番?

エギを天秤に付け替えて、小さいオモリを取り付け、ゴカイを付ける。
ヒョウイと投げてズルッ、ズルッと引っぱって止める。
するとブルブルビリビリッとアタリが!

「あ~、なんか釣れてる!」

期待通りのキスが釣れている。
何匹か釣ったところで、主人もキス釣りに切り替え。

「こりゃ、こっちの方がええわ~。面白いっっ!」

意地で粘っていた私だがついに降参。
私もキス釣りに変更。
なのにタイミングを逃したか、キスまでぱたっと食いが止まる。

「ええええ~・・・」

たまに当たってもがっちょ(コチ)だったり。
食べると美味しいのだけど、魚体がヌルヌルするので
外す度にタオルが要る。

「私にはキスも釣れへんやんか~~」
となかばヤケクソに・・・
と思ったその瞬間、
竿がぐぐっと引き込まれる。

「お!おおおおおぉぉ~?」
「大ギスちゃう?」

予想に反して上がってきたのは25cm弱のチャリコ。
チャリコといえども丸ごと塩焼き食べ頃サイズの「」なのでちょっと気をよくする。

何度かぱたぱたぱたっと釣れてはアタリが止まるパターンを繰り返す。
結局11時には仕舞うことにした。

本日の釣果。
b0050839_22123022.jpg

がっちょは食べると美味しいのだけど、
今回は他にたくさん美味しい思いが出来そうだし、まだ生きていたので放すことにした。

そろそろこのエリアでの春シーズンは終わりなのかなと
なんとなく感じた日だった。
[PR]
by ikaoba | 2006-06-11 22:17 | 釣行
<< またまた休養にはいる 春イカボーズ >>