始動!?
行事の間を縫って、なんとか釣りに行けそうな日ができて本日の午前中釣行
してきた。
今年は聞くところによると、あまり春イカの釣果が芳しくないようだ。
まだ早いのか?それとももうちょっと遅めなのか?
よくわからないまま・・・
でも今日しかない。

「今なら日出も早いし、夜中のうちに出て、日の出とともに出船、
お昼前に上がるとかにしよう!」

前の晩、
いつものリズムが抜けきらず、つい1時頃まで起きてしまった。

「ありゃりゃ~。1時間しか寝られへんわ(泣)」

とりあえず2時。目覚ましの音とともに、怠い体を起こす。
なんだか前日準備の最後のツメが甘かったせいか時間がかかる。
遅めの3時頃、自宅を出発。

出遅れた。5時に海着いてももう多分明るいやん・・・

なんやかんやと手際の悪いことで、結局6時過ぎに出船。
いつもの入江風春ポイントに直行!

ほどなく主人がHitさせている!

「え、早~~~ぁ!」

イカが白く見えた瞬間、がっかり。
上がってきたのはそこそこ大きなモンコ。
(モンコちゃん、ガッカリなんかしてごめん!)

その後何度かキャストしてみたが反応はない。

(まぁそんなパカパカ当たるわけないし。)

などと考えていると、沖から帰ってきた漁船に『そこで釣りをするな』と合図される。
決して漁具の際にいるわけではなく、十分距離を取っていたのだが仕方ない。

(去年の前科もあることだし・・・。)(汗)

昨シーズン最終釣行で行ったポイントに向かう。

秋には気づかなかったけど、すごくホンダワラが繁茂していた。
かなり透明度も高くていい感じ。
ただ、「特大カエルのタマゴ」みたいなものが無数にとぐろを巻いている。
これは一体なに??
なんとなくクラゲを連想させる。

ここでは何度となく藻に泣かされて、
廃盤になってしまった大事なエギを多数なくしてしまうことに。(泣)

意外にアタリがなく、陸づたいにいつもの秋ポイントへ向かって移動。
だんだん透明度が悪くなってきて、赤潮の残骸のような細かい粒みたいものが漂い始める。

潮も動いていないらしく、風もなく良く晴れて暑い。
寝不足が堪える。。。

「もっかいだけ入江ポイント行こう!引っかけへんたら大丈夫!!」

一昨年春イカを釣ったポイントをあきらめきれない。

が、やっぱりアタリはない。
主人はコウイカと遊んでいる。
見釣りでちいさいのをGet。

日が高くなるにつれ、ますます暑くなる。
今日は天気予報通り、「黄砂」も酷い。

なんどか小移動を繰り返し、
今日はもうダメかなぁと、ふと頭をよぎる。

もう仕舞おうかな・・・
そう思った次の瞬間、フッとラインがフケる。

おっしゃっっ!

アワセを入れるとロッドの先がググッググッと入る。

上がってきたのは28cmほどの雄アオリ。
b0050839_0413919.jpg

やったぁ~・・・

「去年は春イカボウズやったしな・・・今年はゲッチュウできてヨカッタ^^」

風が出てきたなと思うといきなりアタリだったから
風のある間なら、まだ当たる?などと欲を出してみたが、
結局このひとつだけで終わる。
b0050839_042098.jpg


もう一回ぐらい釣りに行きたい。。
[PR]
by ikaoba | 2007-05-27 00:42 | 釣行
<< 雷雨 あ~イライラする~!! >>