海難事故
今日は会社の食堂で釣り友に会った。
昨日の休日、(前の晩から)旦那さんが福井に出撃していたようだ。
旦那さんは陸っぱりエギンガーなので、あっちこっちと移動しながら釣りをしていたそうだ。
実際には波風が強く、竿も出せないような状態だったらしいが、
場所場所で、釣り人に上手に話を聞いている。
とある漁港で、「隣の漁港の防波堤テトラに居た釣り人が波にさらわれて・・・」と言う話を耳にして「ハッ!」「もしかして、さっきしゃべってた人かも・・・」と。
本当のところ、どうだかわからないが、そんな身近なところで災難に遭われる方があると思うと、本当に海はあなどれない。ゾッとする。
防波堤に波をかぶっていても「キャー」とか言いながら、軽い気持ちで歩いていってしまうアベックなどもあったようだ。

釣りが好きだからこそ、安全面までキチンと考えて行動したいと思う。
まずはライフジャケットから・・・。
[PR]
by ikaoba | 2004-11-04 21:56 | 釣り(話)
<< 船外機 元気がいちばん >>