後味のわるい釣行
先週の日曜、ボートエギングで釣行してきた。

この日はめずらしく頑張って早く到着し、
5時半にボート出していつものイケス周りに直行!
水の透明度が高く、底まではっきりと見える。
でも底近くに網が張り巡らされているみたい・・・

この時期特有の「サザエ網」?

アンカーも入れられないし、エギもひっかけそうなので
結局、入江ポイントまで移動。

(さぁ釣るぞ~)

ところが。
今年は藻が全然なくてエギのカンナに引っかかってくるのは「トロロコンブ」のようなものばかり。
心なしか「サザエ網」らしきものも少なめな感じが・・・。

(あぁ、ダメや~。あかん。。。)

ここで思い切って隣の港まで移動。
がけ下の岩場などをさまよったけどここは網が多くて
思い切って浅い所に行くことができず、結局断念。

(なんだかダメダメモードに入ったみたいでやな感じ。)

釣りトモにポイントを教えてもらって移動。

ところが、思った場所にはみな先客がいて近寄れない!

さらに隣のワンド近くまで移動してみたものの、
岩場に沿ってまたまたサザエ網(?)、
その向こうの磯にはグレ釣り師。

仕方なく、もと来た湾内に戻り、
波止からほど近い定置網付近に来て、網とは逆方向投げてみると、
カンナにホンダワラらしき細い藻が付いてくる。

(やっといい感じかな~・・・)

10時半ごろ主人に待望のHit。
30cmはちょっとないようだけど、今日初Hit!
b0050839_1463554.jpg

〇ボかと諦めていただけに疲れも吹っ飛ぶ。

ところが。

しばらくして今まで見たことのない漁師さんがわざわざボートの真横まで寄ってきて、
なにやら怖い顔をしている。

「そこは網はいったるし離れろ!!」

反対側を指さしてあっちへ投げろと言う。(ように聞こえた。)

なので、ちょっと反対側へ移動してやっているとまた戻ってきて更に酷く怒っている。

「おまえらは言うてもわからんのか!!
わしらは生活かかってるんやからなっ!!」

何度か小移動してもそのたびにもっと向こう行けとゼスチャー。
どのへんにいけばいいかと尋ねてみたらあっちの方と言われたけど、
ここではじめて、定置網に届く届かないではなく、
もっとずっと遠いエリアでやれということなんだと理解。。。

(親子連れでファミリーフィッシングのボートも向こう行けと言われてる・・・)

もうすでに11時で、間もなく上がったが。

浜に上がると、以前通っていたスロープで顔見知りになったボート釣りグループがいて、少し話してみた。
彼らもスロープを締め出されてからあちこちで怒られたり断られたりしていたらしい。

ここも浜にロープを張って、関係者以外立ち入り禁止にするかもという話もあるそうだ。
(国交省?の管轄なので申請して許可が出るまではできないし、
今はまだいいとのことだが)

路上駐車も問題になっていて、駐車禁止の看板を作るという話も聞いた。


彼らは、民宿を利用したり、手土産を持参したり、盆暮れには挨拶に来て、
漁師さんとも話をして、それなりに村に経済的に還元もしながら人付き合いも大事にしてきて、
やっと地元マリーナを3隻分借りられたという。
もちろん年契約できちんとお金を払い、その上で浜を利用しているらしい。
(ただし、もう一杯でこれ以上の契約は受け付けないらしい。)

あと、土日祝日はどうしても人が多くなってしまうため、
できるだけ平日に来るようにという努力もしていると言う。

(今日はたまたま宿に宿泊のため週末になったらしい。)

きっと今回のことでまた

「(ボート)釣りにくる輩はけしからん!!」

と悪い印象を与えてしまったかと思うととても後味悪い・・・

考えてみれば、定置網からは何百mか離れる、というのは基本のはずだし、
小さい湾内では少々はなれたところで全然基本無視してるわけで。。。
心から反省。。。

こんな調子で、どこへ行っても(特に私のような経済効果をもたらさない釣り人は)
締め出されるばかりなのかなぁ。

安易にボート引っ張っていくエギングはもうやめなくちゃいけないかなという気もしたりして・・・

私にはできないことがいっぱいで、
安易に彼らのマネしたところで、
人が作った下地に横入りしていくようなものだし。

本当に後味の悪い釣行になってしまった。。。
[PR]
by ikaoba | 2008-06-08 01:47 | 釣行
<< おいしいお菓子 耐寒訓練 >>