2004年 11月 03日 ( 1 )
元気がいちばん
昨日は一日中、下の子が高熱を出したままだった。
高い熱の割にはグッタリとかいう感じではなかったのだが、
さすがに起きあがると足元が揺れるらしい。
午前中、有休をとって医者に連れて行った。そして先生が子どもの口を開けるように言われ、
「おぉ~!扁桃腺、でっかっっっっっっ!!」
それで診察は終わってしまった。
私としては、あまりに熱が高い(39度6分)ので、インフルエンザじゃあるまいな~と心配していたのだが、
あっさり。
否定。
よかったといえばよかった。
医者って、たったあんだけでわかるんや・・・と妙に感心。

午後は看護(?)を主人と交代して出勤。
18時頃、帰宅してみると午後はどうやらずっと眠っていたらしい。
そのせいか時間感覚がマヒしていたみたいで。
「おかあさん、今日学校どうする?行っていい?」
もう18時で日はとっぷり暮れているのだけど、朝と勘違いしたらしい。
ちょっとドキッとしてしまった。
「大丈夫ぅー?!今、晩やで!今日はお休みしたやんか!忘れた?」
あ、そっかーと言いながら、まだ半分ボケている様子。
まだ熱は39度ほどあった。
大丈夫か・・・?
晩ご飯済ませて、当然お風呂ははいれないまま、また寝る。
昼間いっぱい寝たから寝られへんといいながら何度か起きてきて、
それでも22時頃には眠りについた様子。

今朝起きてきたら、なんとなく足取り軽やか。。。
「おはよ~ぅ」
熱も平熱に戻っている。よかった・・・
でもまだボケているようだ。
学校の給食の用意をしてしまった。
「今日祝日で休みやで」
「あ」

なにはともあれ、よかったよかった。
やっぱり元気が一番。
[PR]
by ikaoba | 2004-11-03 10:03 | 雑談